旅写真ブログ   <EOS 30D / OLYMPUS U720SW>


by moz-box

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

留山トレッキング

a0108078_14292090.jpg


三脚を持って、午後から留山へ行くため宿に戻る。
1時に宿の玄関へ集合と聞き、身支度をしてフロント前へ。
係の人に来たことを伝える。
留山へ入るには、白神山地と同様、
地元のガイドと一緒に入るというのが規則となっている。
自然を保護するというのは、ここまでしなければならないのだ。

ガイドの人がやってきた。
「すみません。遅れてしまって。
前のツアーが車を使っていたもので・・」
いかにも山はもちろん、土から植物、
水や空気が好きそうな年配の男性だった。

「今日はよろしくお願いします」
車へ乗る時に軽い挨拶をしてくれた。
自分たち以外にも、もう一組ご夫婦がいた。
父と同じくらいの世代だった。
「どうぞ、よろしく。」夫人がにこやかに軽く会釈をした。

車は舗装された道路から、険しい道へと変わっていった。




a0108078_14292812.jpg

先程も書いたが、留山へはガイドなしでの入山は禁止になっている。
ブナは根に傷がつくと、病気になったり死んでしまったりする。
ブナの木へのストレスがないよう、森の中も十分に気を配っているのだ。




a0108078_14293981.jpg





a0108078_1430199.jpg





森の中は別世界だった。
『静かな』という言葉があてはまる。
空気を軽く押すように風が流れ、
地面からは新しい誕生がいくつもあり、大木の皮膚に耳を傾けると
生きている鼓動をまた感じる。
木漏れ日の中、フェアリーが舞うように綿毛が飛んでいく。




a0108078_14303140.jpg





大木には熊の爪痕が所々にあった。
爪痕はブナの実がある上部にまでついていた。
「美味しいものが好きなんですな〜」
熊の好物、ブナの実はナッツのような美味しさがあるという。

a0108078_14303991.jpg

違うブナには、皮膚に落書きがされていた。
「許可なく入るものがいるんですな」
「しかし、注意したところで逆に言われることは多々あるんです」
「身の危険を感じますよ。2人で注意しても、この山の中ですから・・
何をされるかわからない恐さはありますな」

自然を守ることは本当に大変なことだと痛感した。
熊より人間の方が恐いなんて、そうなのかもしれない。




a0108078_14304743.jpg

[PR]
by moz-box | 2007-09-22 15:02 | 秋田 Akita

五能線 深浦駅

a0108078_1711174.jpg

あきた白神駅に隣接する立ち寄り温泉の宿に宿泊した。
早朝一番だったせいか、サウナはまだついてなかった。
体を洗い、一人で日本海を見ながら湯船につかる。
だれもいない大浴場。
転がっている桶の疲れが何となく伝わってきた。

今日は、忘れた三脚を取りに、
昨日行った十二湖駅より3つ先の深浦駅まで行かなければならなかった。
はじめて五能線のローカル列車に乗った。
午前中の予定は、はじめから計画していなかったので
三脚のお陰で降りる予定のない駅に行くとは
何となく予定がなくても行く先は決まるものだと、
景色を見ながら苦笑した。

深浦駅に到着。
午後からトレッキングを宿泊先で頼んでいたので
次の下りがくるまで1時間ほど待つことになる。
せっかく来たのだから観光してみることにした。

駅にあった簡単マップをみると、
太宰治が宿泊した旅館が記念館になっている場所があったり、
歴史民俗資料館などがあったりしたが
とても1時間で見れる距離ではなかった。
ふと地図の上の方をみると、沖の方に大岩があった。
そこまで行けるように、波がかかる海の歩道があった。
岩に登ってみることにした。

途中、去年いった北アイルランドにある
キャリック・ア・リード・ロープ・ブリッジを思い出していた。

a0108078_17112677.jpg

a0108078_17113525.jpg

a0108078_17114626.jpg

a0108078_17115720.jpg

a0108078_1712876.jpg

a0108078_17122078.jpg

[PR]
by moz-box | 2007-09-15 17:54 | 秋田 Akita

茶屋 十二湖庵

a0108078_22474955.jpg

青池を後にし、ブナの原生林を通り、十二湖散策を堪能した。

天候はあまりよくなかったせいか、人とすれ違うことが少なく、
森の奥まで歩いていると、
自分の足が地面に溶け込んでいくような・・・
そんな不気味さを感じた。
大木に両手をつけ上を見上げ、目を閉じる。

木霊を感じた。木は生きている。

またしばらく歩く。
獣道のような場所へ入った。
人の気配が全くなかった。
先程、スコールのような激しい雨の後の道は、少しぬかるみ
地面に近いシダの葉や苔にも潤いをもたせ、
薄暗い場所には、枝の隙間から少しばかりの光がこぼれていた。
前へ進めと、誰からのメッセージでもなく、不安の中、
ひたすら前へ行く自分は、後ろを振り向かずに歩いていた。

a0108078_22365369.jpg


途中、二股へ別れた道が出てきた。
左を選び、またひたすら歩きだし、
まもなく舗装されている道路へぶつかった。

すこしホッとした気分になり、地図をだした。
『現在地は・・っと。。』
目の前には大きな池があった。1km先に茶屋がある。
そういえば、ガイドにも書いてあったなぁ。。
十二湖庵では、そこで湧き出ている水を湧かし、
お抹茶と小さなお菓子を無料でいただけるのだ。

よし、いってみようか。。

a0108078_2237526.jpg


a0108078_22371755.jpg

何人かの人が疲れた体を癒していた。
この風景を見ながらいただくお抹茶の苦みと少しの甘味は
来る人たちに疲れを和らげていた。。。

いつの間にか、雨は霧雨から小雨にかわった。

a0108078_22372685.jpg

[PR]
by moz-box | 2007-09-09 23:11 | 秋田 Akita

十二湖

a0108078_2314647.jpg


十二湖駅に降り、まずはパンパンに入った荷物を預けなくてはいけなかった。
駅の正面にある土産物屋にて200円で預かってくれると、
先程まで隣に座っていた女性が教えてくれた。
駅に備え付けのロッカーがあるが300円だった。

女性は慣れた感じで、土産物屋の前にあるバス停へすぐに並び
自分が土産物屋に入るころには、長い列が連なっていた。
バスの本数も少ないのだ。

焦って急いで土産物屋に入り、奥から優しそうなお婆さんがでてきた。
何人かの人が荷物を預けていたので、
安心してそのお婆さんに荷物を預けた。

その時だった。
ん、荷物が足らない。。。
あろう事か、カメラの三脚を電車の網棚に忘れてきてしまった。
すぐに駅へ忘れ物を聞きにいった。
後日、二つ先の駅まで取りにいくことになった。


a0108078_23252562.jpg

a0108078_23253717.jpg

a0108078_232654.jpg

[PR]
by moz-box | 2007-09-04 23:27 | 秋田 Akita